ジェイジーブラットサウンドオブトウキョウ

平賀マリカ

平賀マリカ

華やかなエンターティメント性と確かな歌唱力でジャズシーンをリードする実力派ボーカリスト。
駒沢大学文学部英米文学科在学中にマーサ三宅に師事。
マンハッタンジャズクインテットと共演した『クローストゥバカラック』(07年)、マイケル・フランクス、マルコス・ヴァリと共演したボサノバ特集『バトゥカーダ』(08年)、カーペンターズの名曲集『シング ワンス モア』(09年)がスイングジャーナル誌のジャズディスク大賞ボーカル賞を3年連続受賞という史上初の快挙を達成。また、初のビックバンド共演作品『Sings with the Duke Ellington Orchestra』(12年)では米国の名門オーケストラとの共演を果たした。
海外では、台北ジャズフェスティバル、ロシアのサンクトペテルブルクでの日露文化交流コンサートに出演。
また、東京フィルハーモニー交響楽団と共に新国立劇場にて、現代音楽による「ペンギンカフェ」のバレエ音楽を歌うなどクラシック界でも活躍し、J-pop界のシンガーソングライター大澤誉志幸とは、大学時代の盟友の縁で、時々コラボライブに参加している。
2015年4月8日にリリースされた新作『マンデルシーニ』は、米映画音楽の2大巨匠とも言われる作曲家、ヘンリー・マンシーニとジョニー・マンデルを特集した。

平賀マリカ 新譜情報
平賀マリカ『マンデルシーニ』2015.4.8 発売
(DDCB-13029 発売元(株)スペースシャワーネットワーク)
日本のジャズボーカル界を牽引する存在として評価の高い平賀マリカの3年ぶりとなる新作は、60〜70年代を代表する米映画音楽作曲家、ヘンリー・マンシーニとジョニー・マンデルの作品を再構築したコレクション。
サウンドアレンジャーにニューヨークでの活躍も記憶に新しい井上陽介(b)を迎え、ドラムレスの室内楽編成によるロマンチックでスタイリッシュなサウンドにのせて、耳馴染みのある映画音楽から、通好みの知られざる名曲までを完全網羅。

収録曲
「ムーンリヴァー」( ティファニーで朝食を)「The shadow of your smile」(いそしぎ)「ひまわり」「Two for the road」「酒とバラの日々」「Moment to moment」等他全12曲

パーソネル
平賀マリカ(vo)井上陽介(b)堀 秀彰(p)田辺充邦(g)太田朱美(fl)
2015 1/11〜29 東京録音

『クローストゥバカラック スペシャルエディション』(DDCB-13030)同時発売
平賀マリカが2007年マンハッタンジャズクインテットとレコーデイングした「クローストゥバカラック」にライブトラック3曲を追加収録したスペシャルバージョン

このウインドウを閉じる